2018―19年度のバリー・ラシンRI会長は「BE THE INSPIRATION」「インスピレーションになろう」
というテーマを発表されました。
 ○前進への活力となるロータリアンになろう
 ○世界や地域社会の前進への活力となるクラブになろう、ということです。

また会長は、国際ロータリーは顧客であるクラブとロータリアンとのつながりを失っていると訴えておられます。
RIとクラブの再構築、公共イメージと認知度の向上が何よりも大切と思われます。
バリー・ラシンRI会長は次の重点項目を挙げられました。
   1.ロータリーデーの開催
   2.ローターアクトクラブの拡大
   3.環境の持続可能性を守る

RI会長のテーマを踏まえ、2018−19年の芦屋川ロータリークラブのテーマを以下とさせていただきます。
           「手を重ね、心通わせ、一歩前進」

現在はIT化により情報の収集および共有、物品の売買などが人を直接介さずとも可能になり大変便利になっています。他方、人とのふれあい、ぬくもりが今後更に希薄になっていくと思われます。ロータリアンとしましてはそのふれあい、そのぬくもりを大切にし、奉仕活動に生かせたいと考えます。
公も民も、男性も女性も、高齢者も若者も世界中の誰もが思う豊かで幸せな社会へのベクトルは同じ方向をむいています。隣人と手を重ね、心通わせ、地に足をつけた活動で一歩前進したいと考えます。

重点項目1.若者支援とローターアクトクラブの拡大
 芦屋川ロータリークラブは会員は少人数ですがローターアクトクラブ、インターアクトクラブの提唱クラブです。
 若者参加型のイベントを企画し、若者の成長をサポートしながら若者の会員拡大につなげたいと思います。
 年度内に次の二つのイベントを開催したいと思います。
 @ 芦屋エコフォーラム (地区奉仕プロジェクト補助金事業)
  住環境に恵まれた芦屋市が環境維持と更なる快適環境を創出するにはどうすればよいかを行政、市民、若
  者、企業と共に考えるフォーラム。
  実施日 30年8月25日(土)
 A第1回マイノリティ理解のための講演会  (地区補助金事業)
  セクシャルマイノリティ理解のための講演会を開催することで認識を共有し、寛容な共生社会をつくる一助
   とする。
  実施日 30年10月21日(日)

重点項目2.会員増強
 会員増強についてはロータリーの公共イメージと認知度の向上を図ることが大切と 思われます。
  @ロータリーへの関心の低下
   ロータリー以外にも奉仕活動を実施している団体は多々あります。
   ロータリーではクラブ同士が手を繋ぎ、地域住民に継続して魅力的な奉仕活動を行ないます。
  A女性会員、40歳未満の会員の増大
   女性会員の排除が廃止されているにも関わらず、いまだに女性会員が不在のクラブが多数あることに驚き
   ます。芦屋川ロータリークラブでは女性会員は今や4名になりました。また若い年代の男性会員もここ数年
    増えています。
   魅力あるイベントの企画、PR活動を通じ多くの方達に参加していただき、ロータリー入会を勧誘する。
   また入会後は先輩会員の気配りに助けられながら、この良い流れを絶やすことなく会員増大に努めたいと
   思います。

2018−19年度の会長といたしまして微力ながら誠心誠意尽くす所存でございます。
どうぞ皆様のご指導ご協力をお願い申し上げます。

2018-19年度 会長   
市 川 洋 子